新築マイホームの体験談

家族の笑顔と愛おしい時間を重ねる北欧アンティークな家。

厚別区・M様邸

厚別区・M様邸の画像

家だけではなく、建てたあとにも魅力を感じて

このおうちに暮らして5年になります。お庭のある一戸建ては、昔からの憧れでした。夫の仕事の関係で全国を転々としていたのですが、札幌に戻ることができたので、本格的に家づくりの計画を進めようと。お庭に手をかけたり、好きなように飾ったり、一戸建てを持てたらやりたいことがいろいろありました。

木の梁とアンティークキッチンのある家▲仲良し母娘3人集まると、笑顔も話も尽きない様子。姉妹はお菓子づくり、お兄ちゃんは料理をするのが好きなんだそう。

いくつもモデルハウスを見てまわり、土地の紹介を受けて大手メーカーさんと契約寸前のところまで。でも、どうしても決断できませんでした。インターデコハウスは標準仕様でかわいいおうち。建てたあともライフスタイル倶楽部に参加できると教えてもらっていたので、仕様だけではなく、暮らしを楽しめそうなところにも魅力を感じていました。

当時は悩みに悩みましたが、営業担当さんにもいろいろ相談させてもらい、数年越しで惹かれていたインターデコハウスのおうちを実現することができました。

アンティークチェストに北欧雑貨をディスプレイしたリビング▲リビングに置いた古材のチェストは奥さまのお気に入り。すてきに飾ってフォーカルポイントに。

 

専属コーディネーターは心強い存在

木のやさしさがある、ナチュラルテイストも好みでして。1階は無垢材のフロアです。素足に気持ちよく、付いたキズは暮らしの味わいですね。タイルも照明も一つひとつ選ばせてもらったり、お部屋ごとにそれぞれ違う色のアクセントクロスを使ったり。専属のコーディネーターさんがついてくれるのがありがたく、そのうえとても親身になってたくさん相談にのってくださいました。

北欧雑貨とアンティークが融合した家▲雑貨や花を飾って居心地のよい空間をつくり、ゆっくりコーヒー時間を楽しんだり、友人が集まりランチをしたり。

わが家は一男二女の子供が3人。打ち合わせは毎回、私と長女と次女とで参加しました。娘たちにとっても、家づくりはとても楽しい体験になったようで、高校生の長女は、建築を勉強して将来はインテリアコーディネーターになりたいといっています。

 

北欧スタイルを取り入れて楽しむ暮らし

好きな北欧アイテムを集めて楽しんでいます。その月や季節に合わせて、どう飾ろうか考えるのが楽しくて。雑貨に対する興味が、より強くなっていますね。インテリアや暮らしの中の場面を、インスタグラムにのせたりもしています。
※M様のinstagramはこちら
@ayurnm

ティータイムを楽しむダイニング▲今日のおやつは手づくりのニューヨークチーズケーキ♪

娘は2人ともお菓子づくりが好きで、よくケーキを焼いています。娘たちとは、好きなものや楽しいと思うことが一緒。お皿やカップを選んで、お茶の時間を過ごしたり、新しい食器が加わると、それだけでおしゃべりが弾んだり。日々、おうちや暮らしのことで盛り上がっています(笑)。最近、外構工事をしたので、これからお庭をがんばりたいですね。

寄せ植えやガーデニングを楽しむ輸入住宅

スワッグづくりやDIY…、ジョンソンホームズのライフスタイル倶楽部の講座にもよく行っています。建てて終わりじゃないから、そういう面でもインターデコハウスのおうちに決めて本当によかったです。おかげさまで、暮らしを楽しむことができています。

スワッグのある輸入住宅の暮らし▲玄関はナチュラルな雰囲気。シューズクローゼットを設けて

 

雑貨のある楽しい暮らし▲「たわいもないおしゃべりをするのがいい時間です」と奥さま

北欧インテリアでコーディネートされた子供部屋▲長女Nちゃんの部屋。「水色と白と黄色を使った部屋にできたらいいなって思いました」。

北欧インテリアでコーディネートされた子供部屋▲グリーンのクロスは次女Mちゃんの部屋。「お母さんがかわいくしてくれました」

▲花のパターンが入った印象的なクロスを用いた寝室

マリメッコのマグカップが映えるタイルキッチン▲キッチンカウンターのダイニング側にも写真や北欧アイテムを飾って。

▲「庭をつくっていくのがとても楽しみです」と奥さま。これから本格的に手をかけていくそう