Owner Story - お客様ストーリー

札幌市・Yさん邸

好きなものと心地よく暮らす家。

ふたりでくつろぐ時間、
友人たちと集う時間を楽しむ暮らし

ホーム > お客様ストーリー一覧>好きなものと心地よく暮らす家
「いっぱい悩んだり迷ったりしたけれど、楽しい家づくりで納得のいくおうちができました」と教えてくれたYさんご夫妻。暮らしの様子をうかがってきました。

インターデコハウスのかわいさに惹かれて

屋根やドアの外観デザインから、なかのタイル使いまで好みのテイストで。インターデコハウスのモデルハウスを見たとき、かわいくて建てたい気持ちが一気に高まりました。

実は自分たちには、おうちを建てるという発想がまったくなかったんです。社宅のアパートから引っ越そうと不動産会社に物件を探しに行ったところ、窓口の人が「この家賃の予算なら戸建を建てたほうがいいのでは」と。ずっと賃貸に住んでいくものと思っていたので、新築にかかわる情報も知識もまるでなく、「そうなの?」という感じでした。それからハウスメーカーさんのモデルハウスを見始めて。でも、設備を含めて豪華な家が多くて非現実的なものに思えました。 そんなとき、Facebookを見ていて目に留まったのがインターデコハウスでした。気になって話を聞きに行ったのが始まりですね。まず知りたかった要素は、やはりお金のこと。おうちづくりの勉強会にも参加して、どのくらい費用がかかるものなのか、自分たちに建てられるのか、見当を付けることができました。好きと思えるおうちだったことはもちろんですが、一番の決め手は担当営業の吉田さんです。土地探しをはじめ、いろいろな面で尽力してくださいました。


アイボリーのタイルキッチンはアクセントにブラウンとモスグリーンを。背面にレンガ調のデザインクロスを使ったことで、よりあたたかみのある空間に。

ホワイトとブルーの組み合わせで清潔感もたっぷりな洗面スペース。

鍵置き用にと設けたニッチもおしゃれに飾って。「コーディネーターさんが提案してくれた壁紙に一目惚れでした」と奥様。

トイレは花柄と淡いピンクのクロスでかわいらしく。

三角屋根とカフェオレのような色合いのかわいらしい外観。インターロッキングにしたり、物置を設置したりを計画しているそう

“好き”を取り入れながら空間ごとに印象を変えて

揃えたい家具が決まっていたので、それを置けるようにリビングを広く取りたいということを希望しました。AVボードやダイニングテーブルなどは夫の好きなブランドのもので、小物系は私の好みのものを飾っています。キッチンと洗面台はタイルですね。キッチンはぬくもりのある感じにして、洗面は逆に爽やかな水辺のイメージに。あえて空間ごとにインテリアのテイストを変えました。


リビングは好きなブランドの家具、落ち着いたトーンでまとめて。

夫はソファで好きな映画を観る時間が気に入っているようです。アパートのときは、観るたびスピーカーを出したりしまったりしていましたが、今はリビングが広いので置いておけるようになりました。それと、週末にふたりでソファでくつろぎながら、お酒を飲むのもいい時間です。友達をおうちに呼ぶことが多くなって、賑やかな時間も増えました。今年の夏はバーベキューをしたいですね。 ここに暮らしてから車も買って、休日の行動範囲が広がりました。ショッピングに行くと、自然と見ちゃうのはおうちのもの。「これを置きたいな」ってイメージしながら見て歩くのが楽しいですね。棚をつけたり飾ったり、これからもっと手をかけていきたいと思っています。

あなたもステキな家を建てませんか?

 モデルハウス見学予約
施工事例&お客様ストーリー
ママをお手伝いできる空間
庭にも広がる家族の楽しい時間
施工事例一覧
お客様ストーリー一覧