Owner Story - お客様ストーリー

札幌市・Tさん邸

子どもはのびのび、家はゆっくり育てて

家族の時間を紡ぐ、暖かい家。
テーマは“ナチュラルアンティーク”。

ホーム > お客様ストーリー一覧>子どもはのびのび、家はゆっくり育てて

勉強会が、購入に向かうひとつのきっかけに

将来子どもたちに残してあげられるものをと思い、出産前に家のことを検討し始めました。でも一戸建てを買うイメージはなく、マンションでと考えていました。そんなときたまたまインターデコハウスのちらしを見て、勉強会を兼ねていたオープンハウスに行ってみたんです。

その勉強会で、アパートの家賃プラスちょっとで一戸建てを買えると知りました。 その後もマンションを含め検討を続けていくなかで、もしかしたら自分たちにも手が届くのかなあと。担当の三谷さんにいろいろ教えてもらったり相談にのってもらったり、支払い面の計画を先々まで立てられたことで、安心して家を建てることに踏み出せました。 ほかのメーカーさんの家も見ていましたが、その中でもデコのデザインが気に入って。それにひと冬越して実感したのは、本当にあったかい家だということです。どの部屋に行ってもあったかいってうれしいですね。 ここは都心から離れていますが、子どもが生まれると街に出る機会も少ないので、子育てをしながら暮らしていくにもいい環境だなあと感じています。

飾ったり手づくりしたり、手をかけていくのが楽しみ

インテリアは、アンティークでナチュラルな雰囲気で、あまり甘くない感じにしたくて、集めていたカフェの写真も参考にしながら、コーディネーターさんと一緒に決めていきました。家が完成したとき、こだわって選んだ照明とかも揃っているのはいいですね。 リビングの壁は一面をレンガ風にして、天井には梁をつけてもらって。提案してくれたこの梁があることで、「ひきしまっていいね」と主人も。キッチン前のタイルのカウンターは、手持ちの収納家具の高さに合わせてつくってもらいました。現場担当の方の提案で、結婚式のときの保存していたブーケを壁に組み込んでくれたのもよかったです。 もともと手づくりしたり小物を飾ったりすることが好きなので、手をかけていくのが楽しみですね。本格的に始めるのは、もう少し子どもが大きくなってからかな(笑)。

家のなかもそうですが、庭も整えなくちゃと思っているので、ジョンソンレディさんにお会いしてお話を聞くのを楽しみにしているところです。 おもちゃをひきずって床にキズがついちゃったり、えんぴつで壁に書いちゃったりしていますが、「まっ、いっか」って(笑)。そう思えるのも自分たちの家だからですよね。

あなたもステキな家を建てませんか?

 モデルハウス見学予約
施工事例&お客様ストーリー
ママをお手伝いできる空間
庭にも広がる家族の楽しい時間
施工事例一覧
お客様ストーリー一覧